しみやくすみの原因

しみやくすみは、肌で生成されたメラニン色素が沈着した状態をいいます。メラニン色素は紫外線などの刺激で生成され、皮膚の細胞を守ります。一定期間メラニン色素は皮膚に留まった後、本来ならば消滅するもので、肌の新陳代謝によって排出されています。代謝での排出が追いつかずに肌に残ることになってしまうのは、メラニン色素の生成が過剰になることが理由です。過剰なメラニンの生成がしみやくすみの原因なのです。

しみやくすみの原因となるメラニン色素の過剰生成は、紫外線の影響や長期に渡る肌の炎症などによります。しみやくすみになる原因が、皮膚のかぶれやにきびが悪化して、色素が沈着することによる場合もあります。古い皮膚が、高齢による代謝の低下や肌の乾燥、血行不良によって排出されにくくなるといいます。残りやすくなることもあるのが、メラニン色素です。肌が敏感になっている妊娠中や生理中は、女性ホルモンの影響でメラニンの過剰生成が行われる場合があったり、紫外線や乾燥の影響を受けやすくなっていたりするようです。

くすみは、メラニン色素の沈着のほか、角質層が厚くなって透明感を失ってしまったり、血流不全で毛細血管に濁った血液が流れていることが原因です。まずは自分の肌の状態やその原因を探るところから始めることを、しみやくすみ対策は原因によってそれぞれ違いますので、おすすめします。


トップページに戻る>>


老人性色素班によるしみやくすみ

しみやくすみの正体が、老人性色素班である場合があります。30代の人や早い人では20代後半からできるしみやくすみで、老人性という名称がついていますが若い人にもあります。6割の人に40歳代ではあり、数pにもなる場合が大きなものではあるといわれています。

何が原因で老人性色素班ができるかというと、紫外線が長年の蓄積によって影響を及ぼすことです。紫外線の影響を5年〜20年前から受けていることで細胞の核が弱り、いわばいつもメラニン色素を生成している状況となってしまっているのです。直接的な原因が、加齢というわけではないようです。若い頃から強い紫外線の下で日常の作業やスポーツをしていた人や、元々紫外線に弱い色白の肌をしていた人にできるようです。

肩や手の甲など、顔だけでなく、しみやくすみは紫外線を浴びる機会が多い場所にできやすいようです。何らかの対策を取りたいところなのは、しみやくすみが顔や身体に増えると実年齢より老けて見えるからです。老人性色素班は一旦濃くなった場合完全な除去は困難ですが、予防になるのはできるだけ紫外線を浴びないということです。

皮膚科や美容外科ではケミカルピーリングやレーザー照射による施術が可能ですが、肌質によっては痕が残ってしまうことがあり、事前にカウンセリングを受けることをおすすめします。日頃からの心がけでしみやくすみのない状態を保つことが、将来の美白につながるといえるでしょう。



トップページに戻る>>

太陽発電