目元ケアとクレンジング

クレンジング剤を選ぶ時は肌に合うものにすることが、目元をケアするためには重要なことといえます。
オイル状のクレンジング剤は、肌の乾燥を助長する可能性があります。

ミルク状やジェル状のクレンジング剤は肌が乾燥しやすい人や刺激に弱い肌を持つ人におすすめです。
クレンジング剤の中には拭くタイプもあります。

ただし、つける量が中途半端だったり、皮膚を強くこすっていると、肌を傷めてしまう場合があります。
目の周りの皮膚は弱く、しわや乾燥に弱い部分です。

クレンジング剤選びも十分に検討し、スキンケアを施す感覚で丁寧にメイクを落とすようにします。

アイメイクは目元専用クレンジング剤などでまず洗い流してしまい、
それから普通のクレンジング剤でメイク落としをするといいでしょう。

目元用のクレンジングは、目元メイクをきちんと落とすために洗う力が強いため、
刺激が強いことがあります。そのため顔全体を洗うには不向きです。

マスカラなど、メイク汚れが残ると色素沈着の原因になり、皮膚にシミができる場合もあります。
丁寧に洗い落とすことが重要になります。

クレンジングする時は、たっぷりと使って指の腹でやさしくマッサージするようにクレンジングしていきます。
目元の皮膚は薄いので、クレンジング剤が足りない状態で化粧を落とそうとすると、
皮膚がこすれてダメージを負うこともあります。

少し多めのクレンジング剤でメイクを落とすようにします。
クレンジングは目元ケアの基本といってもいいところです。

目元の皮膚を痛めないクレンジングができるようになることが、目元をケアするためには必要です。


トップページに戻る>>




目元ケアと化粧水

目元のケアにはクレンジングが大事ですが、それ以外にもしっかり水分を補うために
クリームや化粧水を活用することがポイントです。

注意したいのは、クレンジングした後はすぐに化粧水を塗るということです。
洗顔した後の肌は、どうしても水分が蒸発しやすいのでまずはたっぷりの
化粧水を使って保水しましょう。

目元専用の美容液やクリームを使うのは、化粧水をお肌に与えて水分をしっかりと含ませてからにします。
目元ケアの為に化粧水による保水を省略して、美容液やクリームを塗ったほうが効果的なのではと
思ってしまいがちです。

しかし、化粧水でしっかりお肌に水分を与えてからでなければ、美肌効果は十分ではなくなるようです。
美容クリーム、化粧水、美容液などを用いる場合はできるだけ肌をこすらず、
そっと肌につけることが目元ケアを上手に行うためのポイントです。

ごく薄く、少しの刺激が肌への負担になってしまう目元の皮膚は、乱暴に扱うと肌が傷んで
シミやたるみが増えてしまいます。

皮膚に負荷がかからないよう、目元のケアはお肌を優しく触るように意識して肌の状態を
整えることが肝心です。

スキンケアで肌にダメージを負わさないようにしましょう。

年を取ると少しずつ目元のしみやたるみが目につくようになりますが、
全く気にならない若いうちからやった方が効果があります。

早いうちから目元をしっかりケアしておくことで、年を取っても
若々しい目元でいられるこでしょう。


トップページに戻る>>



太陽発電