顔の若返りは可能

多くの人が、顔の若返りを望んでいるのではないでしょうか。
顔を鏡に映して、若返りをしたいと思うということは珍しい話ではないでしょう。

外部にいつも出ている顔は人目にさらす部分でもあり、年を判断される時の基準になる部分でもあります。
実際、童顔であれば実年齢より若く見られますし、老け顔だと年齢より上に見られます。

皮膚のコンディションは、顔とは別に年齢を物語るようになるものです。
顔の若返りを望むのであれば、どういったことをすればいいでしょう。

しみ、しわ、たるみなど年齢を重ねると増えてくるものが多くなると、顔は老いて見えます。
顔の若返りを目指すのであれば、お肌のしわやたるみ、しみの予防やケアを入念にすることです。

しみやたるみが解消されれば、その分若返り効果が得られますし、アンチエイジングになります。

目元にしわが刻まれたり、口もとのほうれい線が目立つようになると、実際の年齢以上に
年をとって見えるようになりますので、要注意です。

お肌は常にターンオーバーを繰り返しています。
真皮層で作られた皮膚細胞はゆっくりと表面に向かって押し上げられ、表皮となった後に
垢となって体外に排出されます。

顔の若返りには、古くなった皮膚が新しい皮膚に変わるサイクルを
積極的に活かすことがポイントになります。

トップページに戻る>>


顔の若返りのためにできること

皮膚の若返りを阻害し顔を老化させてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。
大きく分類して2つの要因が、しわやたるみなど肌トラブルが年と共に目立つようになる理由となります。

体内で生成されているコラーゲン量が少なくなると、皮膚の保水力が低下し、しみやしわが増えます。
水分を保持しておけなくなった皮膚は代謝が悪くなり、表面ががさがさになります。

そして皮膚のガード力を失い、真皮層の水分がより蒸発しやすくなってしまいます。
荒れた角質層の隙間を縫って外部の刺激物質が侵入します。

皮膚の新陳代謝を進めようにも、完成していない新しい細胞が外部刺激に負けて不完成な状態で
表に出てしまうのです。

ターンオーバーが進まないと、皮膚の若返りもスムーズには進みません。
筋肉のこわばりもたるみやしわ、しみを増やしてしまう要因になっているといいます。

いつも決まった筋肉だけをつかっていると、その部分にしわができやすくなります。
表情を豊かにすることで表情筋を鍛えることができます。

表情筋を積極的に使えるよう、日ごろから笑う機会を増やしていくことが効果があるといいます。
表情筋で大きく動かすことができる目元の皮膚はデリケートで、乾燥に弱く肌荒れもしやすいようです。

顔の若返りを希望するならば、表情筋をよく使うようマッサージなどを受けてみてはどうでしょう。


トップページに戻る>>





顔の若返りの方法

保湿をしっかり行うことが、若返りのポイントになります。顔の中では目元が乾燥に弱い部分です。顔が老けて見える原因の一つに、目元のしわやたるみがあります。目元ケアを十分行うことで、顔の若返り効果が期待できます。

十分に保水をして乾燥を防ぐことによって、顔の若返りを実践することができるとされています。起床後と就寝前に肌の手入れをすることが、保湿力を高めるために必要です。水分を補うために化粧水をつけ、蒸発を防ぐためにクリームやオイルなどの基礎化粧品を使います。

空気が乾いていると皮膚が乾きやすくなりますので、室内の湿度にも注意しましょう。目元以外に、顔の若返りのポイントといえるのは、ほうれい線です。ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本のしわのことです。40代辺りからほうれい線がはっきりできるようになります。このしわができると、急に年を取ったようにも見えてきます。顔の若返りのためには、ほうれい線が深くならないようにすることが大事です。

ほうれい線を消すには、エステや美容整形などでヒアルロン酸を注入してもらう方法がある他に、自分でリンパを意識しながらマッサージする方法もあります。マッサージやスキンケアを丁寧に行うことで、顔の若返りが期待できるでしょう。

トップページに戻る>>

メスを使わない若返り美容整形

美容整形による若返りは果たして可能でしょうか。ですが、しわやたるみのないお肌になりたいけれど、メスを用いての手術に抵抗があるし、日々の生活に支障を来したくないと考える方もいます。メスを用いずにしわやたるみの軽減ができる美容整形も、この頃は珍しくないようです。

どんな方法で、メスを使わずに美容整形ができるのでしょう。メス不要の美容整形には、薬を注射する、特殊なレーザー光を皮膚にあてるなどの手段があります。最近では、フェイスリフトでもメスを使わない方法が開発されています。費用に関しては、メスのいらない美容整形の方が、メスを使う方法より手頃な金額で利用できるようです。メスを使わないため、肌に手術痕が残りませんし、短時間で済むという利点があります。

ただし、メスを使わない美容整形は、メスを用いる美容整形ほど長時間の効果は表れないようです。レーザー光を用いて行う美容整形の場合、1度の施術では満足のいく効果が出ない場合もあります。長所と短所が、メスを使わずにできる美容整形にあるといえるでしょう。お肌にメスを入れないタイプの美容整形を複数種類行うことで互いのデメリットを埋め合わせ、メスを使う時と同じくらいに効果を高めることができるといいます。メスがなくてもできる美容整形は、美容のためとはいえ肌を切りたくないと考えている人にぴったりの方法です。

薬を利用した若返り美容整形

メスを使わず、注射などで行うプチ整形は、気軽に受けられる若返りの整形手術として人気です。ボトックスという薬液をしわを解消したい部分に注射して若々しい肌を取りもどすなど、施術内容や目的によって使う薬液は異なります。ボトックスは、欧米諸国では10年以上も使われている若返り整形です。

ボトックスとは、ボツリヌス菌という菌の毒素で作ります。顔面マヒやまぶたけいれんに対する薬としても使われており、医療方面でも信頼性の高い薬品です。ボトックスは、わきがや多汗症の治療にも活用されています。ボツリヌス菌の毒素には、筋肉の動きを抑える機能があります。そのため、しわができている部分にボトックスを注入し、しわの原因になっている筋肉の働きを止めます。ボトックスを用いた若返り整形では、筋肉の作用でできるしわを解消することができるというものです。ボトックス注射による若返り美容整形は、特に眉間や額、目元のしわに効果を発揮します。

ボトックスを注入してから三日〜四日程度で効果が実感でき、人によって持続期間は異なりますがおよそ半年から1年です。施術にかかる時間は5分から10分程度です。施術部位が腫れたり、赤くなってしまうこともほとんどありません。その日のうちにメイクができる点も魅力の一つです。痛みなどのデメリットがほとんどない為、ボトックス注射による若返りの方法は今後さらに人気が高まると考えられます。しわやたるみを除去する美容整形は、ボトックス以外にも色々あります。若返り効果を得るために、気軽に利用できるプチ整形を上手に活用していってください。

トップページに戻る>>

太陽発電